プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メジロ
(2016年2月)
「白梅にメジロ」
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
mejiro160228-d01.jpg

※ この機材でそこそこ撮れることが分かったので、習熟は必要だが今後は絵作りに励みたい。
  (旧80−400)は売却、代わりに軽量の三脚(ベルボン製、3ウエイ雲台クイックシュー付き耐荷重3kg、自重1670g)
  を購入した。雲台部が少々脆弱のようだが完全固定で撮ることはないので実用上問題なし。
  従来使用の三脚より1kg近く軽量で携帯する負担が随分軽減される。

  実写で明るい状況では白飛びによるディーテールへの影響が懸念され、
  解放から一絞りするのがベターのようだ。さらに−2/3EVを標準に考えたい。
  (D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)は35mm換算で約765mm、クロップ×1.3すると
  994.5mmとなるが構図の自由度からクロップは使用せずトリミングで対処する。
  

ヒヨドリ
(2016年2月)
「白梅にヒヨドリ」
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
hiyodori160227-d01.jpg

(同上)
hiyodori160227-d02.jpg

ルリビタキ
(2016年2月)
♀タイプ、桜の蕾も少しづつ膨らんできているようです。
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
ruribitaki160226-d01.jpg

(同上)

ruribitaki160226-d02.jpg



カワウ
(2016年2月)
野鳥の世界ではもう春、公園のカモも随分少なくなりました。
恋の季節もすでに到来、婚姻色のカワウも見かけるようになりました。
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
kawau160226-d01.jpg

ジョウビタキ
(2016年2月)
まだ蝋梅が少し残っていました。
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
jyoubitaki160226-d02.jpg

ハシブトガラス
(2016年2月)
正しくカラスの濡れ羽色(構造色)です。
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
hasibutogarasu160225-d01.jpg

300f4試写
(2016年2月)
300f4試写は一応これで終了です。
(D7100+旧300F4)
jyoubitaki160215-d01.jpg
 
(同上)
jyoubitaki160216-d1.jpg
 
(同上)
mejiro160216-d02.jpg

(同上)
toratugumi160216-d01.jpg

(同上)
hiyodori160216-d01.jpg

(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)
ruribitaki160219-d1.jpg

(同上)
ruribitaki160217-d1.jpg

(同上)
jyoubitaki160217-d1.jpg

※ 今後は(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)AF撮影を主に(GH4+PROMINAR 500FL)MF  撮影と共用したいと思います。


ヒヨドリ
(2016年2月)
「センダンの実を食べるヒヨドリ」
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)三脚試写。ISO800 SS1/250(f6.7) -2/3EV
35mm換算値765mmで撮影
hiyodori160219-d01.jpg

(同上)
hiyodori160219-d02.jpg

※ TC-17EⅡ付きでは(f6.7)となるがAFは問題なく機能する。しかし暗い場所ではSSが落ちる のでブレ防止のため三脚は必須。
  画質を考慮するとISO400以下では撮りたいところ。上記撮影はSSを上げるため、あえて-EV で撮っている。
  機材の重量は、(GH4+PROMINAR 500FL)三脚付きとほとんど変わらないので、
  もっと簡単な軽量の三脚に変えられたらと思っている。
  上記は35mm換算値765mmで撮影、さらにクロップ×1.3すると994.5mmとなる。


メジロ
(2016年2月)
「梅にメジロ」
(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)三脚試写。
mejiro160219-d01.jpg

「山茶花にメジロ」
(同上)
mejiro160219-d03.jpg

「黒い実を食べるメジロ」
(同上)
mejiro160218-d02



「ナンキンハゼの実を食べるメジロ」
(D7100+旧300F4)一脚試写。
mejiro160216-d01.jpg

ジョウビタキ
(2016年2月)
♀。 (D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)三脚試写。
jyoubitaki160218-d01.jpg

(同上)
jyoubitaki160218-d02.jpg

イカル
(2016年2月)
地上に降りて採餌中のイカルの群れ。
(GH4+PROMINAR 500FL)
画像をクリックすると拡大します。
ikaru160212-10p1.jpg

トラツグミ
(2016年2月)
ちょっと珍しいトラツグミ...ナンキンハゼの実を食べていました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
toratugumi160206-7p02.jpg

(同上)
toratugumi160206-7p04.jpg

(同上)
toratugumi160206-7p01.jpg

(同上)
toratugumi160206-7p03.jpg


(GH4+PROMINAR 500FL)
toratugumi160212-10p01.jpg

(D7100+旧300F4+ TC-17EⅡ)三脚試写。
toratugumi160217-d01.jpg

スズメ
(2016年2月)
群れ。  (D7100+旧300F4)手持ち試写
画像をクリックすると拡大します。
suzume160214-d701.jpg

トラツグミ
(2016年2月)
(D7100+旧300F4)手持ち試写。
toratugumi160214-d701.jpg

(同上)
toratugumi160214-d702.jpg

(同上)
toratugumi160214-d703.jpg

(同上)
toratugumi160214-d704.jpg

(同上)
toratugumi160214-d705.jpg

(同上)
toratugumi160214-d706.jpg


シロハラ
(2016年2月)
シロハラもナンキンハゼの実は大好物です。
(GH2+PROMINAR 500FL)
sirohara160209-10p1.jpg

(同上)
sirohara160209-10p2.jpg

(同上)
sirohara160212-10p1.jpg

エナガ
(2016年2月)
樹肌に虫がいるのでしょうか...エナガがやってきました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
enaga160209-10p1.jpg

2羽。  (同上)
enaga160209-10p2.jpg

4羽。  (同上)
enaga160209-10p3.jpg

6羽。  (同上)
enaga160209-10p4.jpg

オオバン
(2016年2月)
最近オオバンは随分よく見られるようになりましたが、早くも恋の季節到来でしょうか。
(GH2+PROMINAR 500FL)
ooban160210-10p1.jpg

伸び。  (同上)
ooban160210-10p2.jpg

(同上)
ooban160210-10p3.jpg

イカルチドリ
(2016年2月)
久しぶりに河川敷を訪ねましたが...
(GH2+PROMINAR 500FL)
ikarutidori160210-10p1.jpg

イカル
(2016年2月)
イカルの群れをよく見かけます。
(D90+旧80ー400mm)一脚 VRoff
画像をクリックすると拡大します。
ikaru160210-d901.jpg

(同上)
ikaru160210-d902.jpg

※ 現在(旧80ー400mm)を(旧300f4+テレコン1.7)に差し替えを考えています。
  (旧80ー400mm)も使い方次第では、そこそこ利用できるので保持しておくのがいいかも。 
 年齢的にも携帯及び撮影のしやすさから(D7100+旧300f4+テレコン1.7)一脚を主力に考えるべきか。
  もちろん(GH4+PROMINAR 500FL)には4K動画、画質にも一応満足しています。

ハシビロガモ
(2016年2月)
飛翔...これだけのハシビロガモの飛翔は見たことありません。
(GH2+PROMINAR 500FL)
画像をクリックすると拡大します。
hasibirogamo160204-7p1.jpg

(同上)
画像をクリックすると拡大します。
hasibirogamo160204-7p2.jpg

ニュウナイスズメ
(2016年2月)
田の中の柿の木に群れていました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
画像をクリックすると拡大します。
nyuunaisuzume160202-10p1.jpg

ここから田に飛び出し採餌します。  (同上)
画像をクリックすると拡大します。
nyuunaisuzume160202-10p2.jpg

葦の混じった草藪でひそんでいます。  (同上)
nyuunaisuzume160202-10p3.jpg

ルリビタキ
(2016年2月)
「ボケにルリビタキ」...ボケは咲きだしたが剪定され、枝ぶりは良くない。
この個体も若く、翼が茶色っぽい。
(GH2+PROMINAR 500FL)
ruribitaki160202-10p1.jpg

(同上)
ruribitaki160202-10p2.jpg

モクレンの蕾も膨らんできました。  (同上)
ruribitaki160202-10p3.jpg

(同上)
ruribitaki160202-10p4.jpg

ホオアカ
(2016年2月)
田園のホオアカ、なかなか姿を見せません。
(GH2+PROMINAR 500FL)
hooaka160204-10p1.jpg

スズメ
(2016年2月)
「ソシンロウバイにスズメ」...ロウバイも終盤なので少し待ったが、やってきたのはスズメのみ。
しかし興味深い姿...桜の花を咥えるのと同じ仕草、蜜を吸っているのでしょうか。
(GH2+PROMINAR 500FL)
suzume160205-7p1.jpg

シロハラ
(2016年2月)
「ガサゴソ、ガサゴソ...」
(GH2+PROMINAR 500FL)
sirohara160203-10p1.jpg

(同上)
sirohara160202-10p1.jpg

ツグミ
(2016年2月)
ナンキンハゼの実を食べるツグミ。
(GH2+PROMINAR 500FL)
tugumi160202-10p1.jpg

ソウシチョウ
(2016年2月)
里山の笹薮を数羽のソウシチョウが移動していきました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
sousityou160131-7p1.jpg

道路に降り何かを採餌中...GH2はGH4に比べやはりノイジィな感じ。ISO400  (同上)
sousityou160131-7p2.jpg

メジロ
(2016年2月)
「白梅にメジロ」...もう2月、梅が咲き出しました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
mejiro160202-10p1.jpg

アオジ
(2016年1月)
♀冬羽。
(GH2+PROMINAR 500FL)
aoji160131-7p1.jpg

カシラダカ
(2016年1月)
GH4のリモコンシャッター不動作で入院中、GH2で撮影。
(GH2+PROMINAR 500FL)
kasiradaka160131-7p1.jpg