日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ハクセキレイ
(2015年9月)
ちょっと珍しいハクセキレイの枝止まり、桜の葉の色づきもいいものです。
(GH4+PROMINAR 500FL)マウントアダプターTX−07:350mm/f4
hakusekirei150930-4p1.jpg

(同上)
hakusekirei150930-p1.jpg

ケリ
(2015年9月)
ケリの水飲み。
(GH4+PROMINAR 500FL)
keri150926-p1.jpg

コゲラ
(2015年9月)
柿も熟し始め、コゲラもやってきました。
(GH4+PROMINAR 500FL)マウントアダプターTX−07:350mm/f4
kogera150929-p1.jpg

コガモ
(2015年9月)
休耕田にコガモの群れ(20羽ほど)が到着していました。
(GH4+PROMINAR 500FL)マウントアダプターTX−07:350mm/f4
画像をクリックすると拡大します。
kogamo150927-p1.jpg

(同上)
画像をクリックすると拡大します。
kogamo150927-p2.jpg

はしゃいでいます。  (同上)
画像をクリックすると拡大します。
kogamo150927-p3.jpg

何に驚いたのか、急に飛び立ちました。  (同上)
画像をクリックすると拡大します。
kogamo150927-p4.jpg

チュウサギ
(2015年9月)
夏鳥のチュウサギ&アマサギが柿の木に集合...そろそろお別れです。
GH4+PROMINAR 500FL)
tyuusagi150925-p1.jpg

ノビタキ
(2015年9月)
ノビタキも到着早々なので、まだまだ安定して撮れません。
警戒して草藪に隠れたりしています。
(GH4+PROMINAR 500FL)マウントアダプターTX−07:350mm/f4
nobitaki150927-p1.jpg

(同上)
nobitaki150927-p2.jpg

ヒクイナ
(2015年9月)
3羽のヒクイナの雛が休耕田を横断です。
(GH4+PROMINAR 500FL)
hikuina150926-p1.jpg

(同上)
hikuina150926-p2.jpg

少し遅れてもう1羽、全部で4羽でした。
親の姿は見られず、すでに先にいたのでしょう。  (同上)
hikuina150926-p3.jpg

ハクセキレイ
(2015年9月)
第一回冬羽。
(GH4+PROMINAR 500FL)
hakusekirei150920-p1.jpg

チュウジシギ・続々
(2015年9月)
B個体(過眼線が目元までつながっている)の画像。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tyujisigi150909-p12.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p13.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p14.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p15.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p16.jpg

羽裏。  (同上)
tyujisigi150909-p17.jpg

尾羽。  (同上)
tyujisigi150909-p18.jpg

※ ジシギの画像は識別のため、姿や羽模様をアップで撮っています。


チュウジシギ・続
(2015年9月)
A個体(過眼線が目元で切れている)の画像。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tyujisigi150909-p5.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p6.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p7.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p8.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p10.jpg

ミミズをゲット。  (同上)
tyujisigi150909-p9.jpg

(同上)
tyujisigi150909-p11.jpg

チュウジシギ
(2015年9月)
仲良しの2羽(A&B )のチュウジシギ。
A個体...過眼線が目元で切れている。B個体...過眼線が目元までつながっている。
(GH4+PROMINAR 500FL)4k動画からの切り出し。
画像をクリックすると拡大します。
tyujisigi150909-4k1.jpg

(GH4+PROMINAR 500FL)
tyujisigi150909-p1a.jpg

 (同上)
tyujisigi150909-p2a.jpg

 (同上)
tyujisigi150909-p3a.jpg

 (同上)
tyujisigi150909-p4a.jpg

チョウゲンボウ
(2015年9月)
遠くの高〜い鉄塔上に何かが止まった...最近、田園でチョウゲンボウを時々見かけるようになりました。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tyougennbou150922-p1.jpg

セイタカシギ・続
(2015年9月)
朝日を浴びて...
(GH4+PROMINAR 500FL)撮影分
seitakasigi150914-p1.jpg

(同上)
seitakasigi150914-p2.jpg

(同上)
seitakasigi150914-p3.jpg

(同上)
seitakasigi150914-p4.jpg

(同上)
seitakasigi150914-p5.jpg

ノビタキ
(2015年9月)
今期初撮りは逆光から。
(GH4+PROMINAR 500FL)
nobitaki150922-p1.jpg


こんなのも「あり」かな...  (同上)
nobitaki150922-p2.jpg


コヨシキリ
(2015年9月)
ノビタキ探索に 田園へ...草藪から鋭い地鳴き( ジ、ジ、ジ)と共に
コヨシキリ(夏鳥)が...これは珍しい!、渡りの途中に寄ってくれたのでしょう。
(GH4+PROMINAR 500FL)
koyosikiri150922-p1.jpg

証拠写真(記録)として大々トリミング。  (同上)
koyosikiri150922-p2.jpg

チュウジシギ
(2015年9月)
ジシギ(タシギ以外)の追っかけの季節も終盤です。
到着早々なのか、警戒心が強く緊張した姿ですがチュウジシギのようです。
(GH4+PROMINAR 500FL)
jisigi150910-1.jpg

車中撮影ですが、どんどん離れて隠れようとします。  (同上)
jisigi150910-2.jpg

スズメの動きに驚き、飛び上がりました。
次列風切り後縁の白帯が明瞭でないので、タシギでないのは明白。  (同上)
jisigi150910-4.jpg

50m先でも警戒しています(大トリミング)、
一般的にはチュウジシギは警戒心は薄いようだが、個体差は大きいです。  (同上)
jisigi150910-3.jpg

セイタカシギ
(2015年9月)
今期は地元の休耕田に2羽づつの2度やってきました。
最初(成鳥&幼鳥)は2週間ほど、2度目(若2)は数日の滞在でした。
これは2度目の画像です。
(D7100+旧80ー400mm)AF1脚
seitakasigi150914-d1.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d2.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d3.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d4.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d5.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d6.jpg

(同上)
seitakasigi150914-d7.jpg

アオアシシギ
(2015年9月)
普通は休耕田で菜餌する姿を見るのですが、この個体(幼鳥)は警戒心が強く
畦の中で隠れています。
(GH4+PROMINAR 500FL)
aoasisigi150919-2.jpg

(同上)
aoasisigi150919-1.jpg

キジ
(2015年9月)
野鳥にとって換羽は繁殖、渡りとともに最も危険な時期ですが、
このキジ♀もまさに換羽期(あまり姿を見せない)で長い尾羽が脱落しています。
(GH4+PROMINAR 500FL)
kiji150917-1.jpg

カワラヒワ
(2015年9月)
「ヒマワリにカワラヒワ」定番なのでいつか挑戦したかったが、
未だ良いヒマワリのフイールドが探せていない。ロケハンを続けよう!
カワラヒワが換羽期(90日間)なので、美しい姿ではないが...
「4k動画からの切り出し」(GH4+PROMINAR 500FL)
画像をクリックすると拡大します。
kawarahiwa150910-4p1.jpg

(同上)
画像をクリックすると拡大します。
kawarahiwa150910-4p2.jpg

(GH4+PROMINAR 500FL)
kawarahiwa150915-1.jpg

アオアシシギ
(2015年9月)
証拠写真(記録)...珍しく畦にポツンと1羽(幼鳥)、車中からカメラを向けると素早く離れていった。
(GH4+PROMINAR 500FL)
aoasisigi150917-1.jpg

クサシギ
(2015年9月)
今期、休耕田で一番多く見られるのはこの種でしょうか。
この地域の休耕田は手入れがされず、雑草が覆い尽くしているのは残念です。
(GH4+PROMINAR 500FL)
kusasigi150912-1.jpg

(同上)
kusasigi150912-2.jpg

(同上)
kusasigi150912-3.jpg

(同上)
kusasigi150912-4.jpg

後はタカブシギ 。  (同上)
kusasigi150907-1.jpg

タマシギ
(2015年9月)
地元の田巡りの記録写真。
♀若かも。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tamasigi150907-1.jpg

(同上)
tamasigi150907-2.jpg

チュウジシギ
(2015年9月)
ジシギの追っかけ中。
パッと見、尾羽の突出も小さく小粒なのでハリオシギかと思いきや...
残念だが、チュウジシギのようです。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tyuujisigi150915-1.jpg

(同上)
tyuujisigi150915-2.jpg

(同上)
tyuujisigi150915-3.jpg

(同上)
tyuujisigi150915-4.jpg

(同上)
tyuujisigi150915-5.jpg

尾羽(大トリミング)。  (同上)
tyuujisigi150915-6.jpg

4k動画からの切り出し。  (同上)
tyuujisigi150915-4p1.jpg

トウネン
(2015年9月)
休耕田に入ったトウネン(幼鳥)です。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tounen150907-p1.jpg

(同上)
tounen150907-p2.jpg

(同上)
tounen150907-p3.jpg

(同上)
tounen150907-p4.jpg

(D7100+旧80ー400mm)AF手持ち
tounen150907-d1.jpg

コガモ
(2015年9月)
コガモ到着です...♀タイプですが、♂でしょう。
この時期の識別は難しいですが、興味津々です。
(GH4+PROMINAR 500FL)
kogamo150910-1.jpg

セイタカシギ・続々
(2015年9月)
成鳥&幼鳥の画像から。
(GH4+PROMINAR 500FL)
seitakasigi150828-p5a.jpg

(同上)
seitakasigi150828-p6a.jpg

(同上)
seitakasigi150828-p7a.jpg

(同上)
seitakasigi150828-p8a.jpg

(同上)
seitakasigi150828-p9a.jpg

スズメ
(2015年9月)
「コットン(綿)の花にスズメ」
(GH4+PROMINAR 500FL)
suzume150910-1.jpg


「稲穂にスズメ」そろそろ食べどき。  (同上)
suzume150910-2.jpg


タシギ
(2015年9月)
幼鳥。  タシギ、次々と到着です。
雑草...左はイヌホタルイ、右の黄花はヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)。
画像をクリックすると拡大します。
(GH4+PROMINAR 500FL)
tasigi150908-1.jpg

(同上)
tasigi150908-2.jpg

(同上)
tasigi150908-3.jpg

タシギも水底ばかりでなく、畦を突いてミミズも採ります。  (同上)
tasigi150908-4.jpg

翼下面が明るく白っぽい。  (同上)
tasigi150908-5.jpg

タカブシギ
(2015年9月)
バックが明るいと、少し水彩画風の感じになります。
(GH4+PROMINAR 500FL)
takabusigi150908-1.jpg

(同上)
takabusigi150908-2.jpg