プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バン
(2013年6月)
20日ほど前に多数の幼鳥を観察した野池を覗いてみると、雛(2番子)4羽がいました。
もう孵化して10日以上はなっているでしょう。
バンの雛は早成性の離巣性ですが、これは巣の残骸でしょうかたまにはここで休息するようです。
(D7100+PROMINAR 500FL/奈良県)
ban130627-1.jpg


すでに親についてあちこちと動き回っています。
自分でも餌を採り始めているようです。  (同上)
ban130627-5.jpg


バン家族...面倒見のいい幼鳥(1番子)は、いわゆるヘルパーの役をします。  (同上)
ban130627-3.jpg
 

ヘルパー(幼鳥)が雛に給餌する姿も見られました。  (同上)
ban130627-4.jpg
 

タマシギ
(2013年6月)
先日の雛連れの♂とは少しだけ離れた田で撮ったのですが、果たして同じ♂か...
雛は連れていませんでした。
(D7100+PROMINAR 500FL/奈良県)
tamasigi130627-1.jpg


(同上)
tamasigi130627-2.jpg
  

コサギ
(2013年6月)
少し前の撮影ですが、コロニーの巣立ち間近の雛(コサギでしょうか)です。
間もなく田にも姿を見せてくれることでしょう。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)
kosagi130607-1.jpg

アマサギ
(2013年6月)
何となく鳥枯れの今日この頃です。
(D7100+PROMINAR 500FL/奈良県)   画像をクリックすると拡大します。
amasagi130624-1.jpg


等倍切り出しです。  (同上)
amasagi130624-2.jpg


アマサギ
(2013年6月)
RAW撮影で現像はカメラに付属の「ViewNX 2」で処理しています。
少し明るく仕上げてみました。
(D7100+PROMINAR 500FL/奈良県)
amasagi130619-1.jpg


(同上)
amasagi130619-2.jpg


タマシギ
(2013年6月)
今シーズン初観察です。3羽の雛を懐に入れています。
孵化後間もないのでしょう...親が採餌して雛に与える姿も見られました。
その後の大雨で畝も水没しかかり、雛は2羽になっていたそうです。
無情の雨ですね、安全な場所に移動して無事に育ってほしいものです。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)
tamasigi130619-1.jpg

チュウサギ
(2013年6月)
嘴が黒く夏羽に変わりつつあります。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)
tyuusagi130619-1.jpg


(同上)
tyuusagi130619-2.jpg


(同上)
tyuusagi130619-3.jpg

ケリ
(2013年6月)
ケリも水辺の鳥、やはり水田はよく似合います。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)
keri130619-1.jpg


(同上)
keri130619-2.jpg

オシドリ
(2013年6月)
今時、オシドリ?
先日来、早朝ウオーキングでカルガモ集団と一緒に居るカモ(肉眼では確認できず)が気になっていた。
今朝も見かけたので、改めて撮影に出掛けた。
ゲゲ、オシドリ幼鳥♂(嘴の基部の羽毛に白斑がない、嘴に赤味があり顔と肩に♂の羽毛が見え始めている)のようだ。
何故この時期にこの近所の川でカルガモと一緒に居ることになったのか?
まだいるようなら、しばらく観察を続けたいと思います。
(D7100+PROMINAR 500FL)
osidori130618-1.jpg


(同上)
osidori130618-2.jpg


(同上)
osidori130618-3.jpg

カルガモ
(2013年6月)
川でカルガモの一家を見かけました、最後尾が♀親のようです。
ここまで成長すると、もう大丈夫でしょうか。
(D7100+PROMINAR 500FL/奈良県)
karugamo130617-1.jpg

ツバメ
(2013年6月)
田に水が入り、ツバメの親子が乱舞していました。
この機材で「飛翔」に挑戦です。
(D7100+PROMINAR 500FL)
tubame130611-1.jpg


(同上)
tubame130611-2.jpg


(同上)
tubame130611-3.jpg

アマサギ
(2013年6月)
田に水が入れられると、早速数羽のアマサギがやってきました。
白っぽいアマサギですが、目は真っ赤な婚姻色をしています。
(D7100+PROMINAR 500FL)
amasagi130614-1.jpg


(同上)
amasagi130614-2.jpg


こちらは亜麻色ですが、婚姻色にはなっていません。  (同上)
amasagi130614-3.jpg


(同上)
amasagi130614-4.jpg


ホオアカ
(2013年6月)
この高原でコヨシキリが久しぶりに見られるとのこと...
台風の影響か高原は早朝から霧雨、モヤと突風の悪天候で残念ながら出会えなかった。
いつものようにホオアカは懸命にさえずり、姿を見せてくれました。
(GH2+PROMINAR 500FL)ISO800
hooaka130612-1.jpg


(同上)
hooaka130612-2.jpg

カイツブリ
(2013年6月)
「おんぶカイツブリ」
1羽隠れていますが、3羽をおんぶしていました。
(GH2+PROMINAR 500FL)
kaituburi130607-1.jpg

バン
(2013年6月)
生態写真(バンの親子)。
里山の野池...ここは環境がいいのか、しっかり育った8羽の幼鳥を連れていました。
(D7100+旧80-400)
ban130607-1.jpg


すでに自分で採食しますが、まだ甘えています。  (同上)
ban130607-2.jpg


立派な足です。  (同上)
ban130607-3.jpg

オオアカゲラ
(2013年6月)
幼鳥♂...既にこんなに成長して自立しています。
(GH2+PROMINAR 500FL)ISO400 SS1/200
ooakagera130531-1.jpg


幼鳥♀。  (同上)
ooakagera130531-2.jpg


♀親。  (同上)
ooakagera130531-3.jpg


上が成鳥、下が幼鳥♂(下腹に赤味がまだない)。  (同上)
ooakagera130531-4.jpg
  
  

  

イワツバメ
(2013年6月)
夏鳥、生態写真(少し山手の橋の下)。
右は巣の上部が湿っていて、現在巣作り中です。
左は完成した巣で出入り口が天井に近くかなり小さいです。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)ISO2000 SS1/320
iwatubame130603-1.jpg


交互にペアーは巣材(泥)を運んできます。
左は育雛中のようです。  (同上)
iwatubame130603-2.jpg




ツバメ
(2013年6月)
生態写真(巣材の泥運び)。
(GH2+PROMINAR 500FL)
tubame130604-1.jpg


(同上)
tubame130604-2.jpg


アオバト
(2013年5月)
山手の公園で久しぶりにアオバトを見ました。
狭い幹間を抜いての撮影なので証拠写真ですが...
♂。(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)ISO800 SS1/320
aobato130531-1.jpg

コゲラ
(2013年5月)
コゲラの親子...どちらが親でしょうか、当然顔つきから分かりますよね。
親(左)はしっかりきつい感じで、子(右)は幼い感じです。
(GH2+PROMINAR 500FL/奈良県)
kogera130531-1.jpg


給餌。  (同上)
kogera130531-2.jpg