プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



シメ
(2010年10月)
冬鳥。 公園で30羽ほどの群れが観察できました。イカルは群れで見ることはありましたが、
シメをこれ程の群れとして観察したのは初めてでした。証拠写真として掲載します。
(G1+FC50/奈良県)
sime101031g-1.jpg

(同上)
sime101031g-2.jpg



カケス
(2010年10月)
開けたところでなかなか出会えないカケス...警戒心の強さは野生そのものを感じます。
(G1+FC50/奈良県)
kakesu101029g-1.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
これで今年の秋ノビともお別れです。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
nobitaki101015d-1.jpg

(G1+FC50/大阪府)
nobitaki101017g-5.jpg

(同上)
nobitaki101017g-6.jpg

(同上)
nobitaki101026g-1.jpg


チョウゲンボウ
(2010年10月)
ノビタキの季節も終焉し、いよいよ冬鳥の季節到来です。
田ではチョウゲンボウが見られるようになりました。
お馴染みの電柱上ですが、バッタを捕食していました。
♀。  (G1+FC50/奈良県)
tyougennbou101027g-1.jpg

伸び。  (同上)
tyougennbou101027g-2.jpg

初列風切の模様。   (同上)
tyougennbou101027g-3.jpg

(同上)
tyougennbou101027g-4.jpg

(同上)
tyougennbou101027g-5.jpg

羽づくろい、尾羽の裏の模様。  (同上)
tyougennbou101027g-6.jpg

飛びつき、尾羽の表の模様。  (同上)
tyougennbou101027g-7.jpg


ホオジロ
(2010年10月)
ノビタキ撮りに通っていますが、本来このフイールドはホオジロの棲みかのようです。
(G1+FC50/大阪府)
hoojiro101026-1.jpg

秋の雰囲気のススキを前ボケに入れましたが、少し作りすぎ...  (同上)
hoojiro101026-2.jpg

思いっきりトリミング(1200万画素→276万画素) してのアップ。  (同上)
hoojiro101026-3.jpg



キビタキ
♀タイプは5羽ほど入っているようで、姿もそれなりに見せてくれるのだが...
成鳥(♂)もいるのだが警戒心が強いのかなかなか見られません。
ここでは皆さん餌付けなどしないで観察されているので、本当に気持ちがいいですね。
(G1+FC50/奈良県)
kibitaki101024g-1.jpg


エゾビタキ
(2010年10月)
公園ではかなり数は減りましたが、いまだエゾビタキは見られます。
(G1+FC50/奈良県)
ezobitaki101024g-1.jpg

別個体。  (同上)
ezobitaki101024g-2.jpg


アオサギ
(2010年10月)
100mは離れていたでしょうか、こんな絵も今後大いに撮っていきたいです。
(G1+FC50/奈良県)
aosagi101024g-1.jpg


ミサゴ
(2010年10月)
今季、猛禽初撮りなので...曇天の証拠写真ですが、MFでもこの程度だったら撮れます。
田園上での撮影でしたが、この付近には養魚池があるのでたまに見ることがあります。
(G1+FC50/奈良県)
misago101019g-1.jpg


ノビタキいろいろ
(2010年10月)
セイタカアワダチソウと...
(G1+FC50/奈良県)
nobitaki101019g-1.jpg

(同上/大阪府)
nobitaki101017g-1.jpg

枯れたマツヨイグサに止まって。  (同上)
nobitaki101017g-2.jpg

(同上)
nobitaki101017g-3.jpg

(同上)
nobitaki101017g-4.jpg

稲掛け。  (同上/奈良県)
nobitaki101019g-2.jpg

杭ノビ。  (同上)
nobitaki101015g-3.jpg




エゾビタキ
(2010年10月)
見返りで。
(G1+FC50/奈良県)
ezobitaki101019g-1.jpg

桜モミジとともに。  (同上)
ezobitaki101019g-2.jpg

地上に下りたところ。  (同上)
ezobitaki101019g-3.jpg

ヒタキ3兄弟のうち、長身で一番大きく見えます。
この絵は少し膨れていますが...  (同上)
ezobitaki101019g-4.jpg




サメビタキ
(2010年10月)
エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキのヒタキ3兄弟のうち、サメビタキとの出会いは極めて少ないです。
今回はエゾビタキと一緒に1羽ですが観察できました。
(G1+FC50/奈良県)
samebitaki101019g-1.jpg

(同上)
samebitaki101019g-2.jpg

紅葉しているのは桜です。  (同上)
samebitaki101019g-3.jpg

(同上)
samebitaki101019g-4.jpg

(同上)
samebitaki101019g-5.jpg

以上まではISO100~125で撮っていますが、
以下の2枚は「飛びつき」を撮るためISO800で撮影しました。原画は見事にノイズ(ザラツキ)一杯で
見れたものではありません。レタッチ処理でノイズ・リダクションをかけていますので、
ディテールがかなり損なわれています。近々発売のGH2の画質性能に期待したいところです。
(同上)
samebitaki101019g-6.jpg

(同上)
samebitaki101019g-7.jpg



キビタキ
(2010年10月)
第一回冬羽。 成鳥♂を狙っているのですが、なかなか出会えないでいます。
少し込み入った枝に止まったので、トリミングして一部を拡大しています。
紅葉の秋色がはいったので、少し季節感は出たでしょうか。
(G1+FC50/奈良県)
kibitaki101019g-1.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
<藁ボッチとノビタキ> 地元の田でも稲刈りが盛んです。
(G1+FC50/奈良県)
nobitaki101014g-1.jpg

(同上)
nobitaki101014g-2.jpg

(同上)
nobitaki101015g-1.jpg

(同上)
nobitaki101015g-2.jpg

 

アリスイ
(2010年10月)
冬鳥。 このフイールドでは何度か見かけたので、その時期には入っているのでしょう。
いいところに止まってくれましたが、距離があり過ぎました。
(G1+FC50/大阪府)
arisui101016g-1.jpg


オオルリ
(2010年10月)
♀。 先日はここで♂若に出会いましたが、稀にしか見られませんが♀も来ているようです。
(G1+FC50/奈良県)
ooruri101016g-1.jpg

(同上)
ooruri101016g-2.jpg


ホオジロ
(2010年10月)
♂。 草藪の間を縫っての撮影です。
(G1+FC50/大阪府)
hoojiro101016g-1.jpg

セイタカアワダチソウに止まって...  (同上)
hoojiro101016g-2.jpg

セイタカアワダチソウもいい感じに黄色に染まって...  (同上)
hoojiro101016g-3.jpg


モズ
(2010年10月)
最近、モズの高鳴きが頻繁に聞かれます。
桜紅葉(さくらもみじ)を前ボケに入れ、秋色を添えました。
(G1+FC50/奈良県)
mozu101016g-1.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
<飛びつき> この枯れ草がお好みのノビタキを見つけ、こういうチャンスは少ないので
枯れ草に置きピンして<飛びつき>をじっくり狙ってみました。
G1は連写性能が遅いので、こういう撮影でいい瞬間を捉える確率は非常に悪いです。
(G1+FC50/大阪府)ISO400 SS1/1000~1/1300
nobitaki101012g-10.jpg

(同上)
nobitaki101012g-11.jpg

(同上)
nobitaki101012g-12.jpg

(同上)
nobitaki101012g-13.jpg

(同上)
nobitaki101012g-14.jpg

(同上)
nobitaki101012g-15.jpg

(同上)
nobitaki101012g-16.jpg

(同上)
nobitaki101012g-17.jpg

(同上)
nobitaki101012g-18.jpg

(同上)
nobitaki101012g-19.jpg

(同上)
nobitaki101012g-20.jpg

<参考>2004/10/22撮影 (高橋製FC-50+LV20+E4300)
nobitaki041022-1.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
ノビタキには野草がよく似合います。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/大阪府)
nobitaki101012g-9.jpg

(同上)
nobitaki101012g-7.jpg

マツヨイグサ、2輪咲いているところが自慢です。  (G1+FC50/同上)
nobitaki101012g-8.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
ススキの穂も開き始めています。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/大阪府)
nobitaki101012g-4.jpg

(同上)
nobitaki101012g-6.jpg

(同上)
nobitaki101012g-5.jpg

この程度の感じに撮れる時はテレコンを外すようにしています。  (G1+FC50/同上)
nobitaki101013g-2.jpg


ノビタキ
(2010年10月)
セイタカアワダチソウも咲き始めました。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/大阪府)
nobitaki101012g-1.jpg

(同上)
nobitaki101012g-2.jpg

(同上)
nobitaki101012g-3.jpg

雰囲気を描くにはこんな感じがいいようです。  (G1+FC50/同上)
nobitaki101013g-1.jpg


エゾビタキ
(2010年10月)
公園ではかなりの数(計10羽以上)が各所で見られます、今季は当たり年のようです。
(G1+FC50/奈良県)
ezobitaki101008g-1.jpg

(同上)
ezobitaki101008g-2.jpg



ノビタキ
(2010年10月)
「蕎麦ノビ」は今季は撮影出来なかったので、2007年10月撮影分の在庫から未掲載分を貼付します。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/奈良県)
nobitaki071011m-1.jpg

(同上)
nobitaki071011m-2.jpg

(同上)
nobitaki071011m-3.jpg

(同上)
nobitaki071011m-4.jpg



ノビタキ
(2010年10月)
いよいよセイタカアワダチソウも黄色っぽくなってきました。
(G1+FC50/大阪府)
nobitaki101006g-1.jpg

(同上)
nobitaki101006g-2.jpg



ノビタキ
(2010年10月)
そろそろヒガンバナも終盤...こんなのしか撮れていませんが、これも田での1風景なので載せておきます。
こんないい止まり木があれば、花になんか当然止まりません。
(G1+FC50/奈良県)
nobitaki101005g-1.jpg


モズ
(2010年10月)
最古の三重塔の相輪の水煙に高鳴きのモズが止まっていました。
(G1+FC50/奈良県)
mozu101005g-1.jpg


キビタキ
(2010年10月)
♀。 公園ではキビタキもちらっと姿を見せてくれました。
(G1+FC50/奈良県)
kibitaki101003g-1.jpg


エゾビタキ
(2010年10月)
久し振りに地元の公園訪問、エゾビタキが迎えてくれました。
(G1+FC50/奈良県)
ezobitaki101003g-1.jpg

(同上)
ezobitaki101003g-2.jpg

(同上)
ezobitaki101003g-3.jpg

(同上)
ezobitaki101003g-4.jpg


ホオジロ
(2010年10月)
バックに光の玉がうまく入ったのですが、逆光の写真ってスッキリした感じに撮れないですね。
(G1+FC50/大阪府)
hoojiro101002g-1.jpg