日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ムナグロ
(2010年8月)
この種も地元で見たのは2006年以来です。
久し振りの地元への飛来、1羽ですが嬉しいですね。
成鳥夏羽から冬羽に移行中。  (G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
munaguro100829-1.jpg

(同上)
munaguro100829-2.jpg

(同上)
munaguro100829-3.jpg

(同上)
munaguro100829-4.jpg

(同上)
munaguro100829-5.jpg


コアオアシシギ
(2010年8月)
地元の田で見たのは2005年以来です。
昨日の撮影は遠かったので、
本日こそはと出かけましたが見当たらず、すでに抜けてしまったようです。
幼鳥。  (G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
koaoasisigi100828-1.jpg

(同上)
koaoasisigi100828-2.jpg


タシギ
(2010年8月)
まだ1羽ですが、いよいよタシギの季節がやって来ました。
(先日8/19に撮ったジシギは明らかにタシギではないですが...)
証拠写真。  (G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
tasigi100826-1.jpg


バン
(2010年8月)
幼鳥。 稲田からひょこっと顔を出しますが、1羽だけのようです。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
bann100823-1.jpg

(同上)
bann100823-2.jpg


アマサギ(スライドショー)
(2010年8月)
<アマサギ>ヨコ構図 全20枚 「スライドショー」として掲載します。 (D90+VR80-400/奈良県)
中央の[PLAY]をクリックすると始まります。
再度見たい時には、終了後しばらくすると中央に[watch again]が出ますのでクリックします。
左下の[stop]は表示どおり、再開するときは[play]をクリックします。[-、+]は機能せず。
下の各NoをクリックするとそのNoからスライドショーが続きます。



アマサギ
(2010年8月)
<アマサギ>タテ構図 4枚 
アマサギが稲田で採餌中...小飛行を狙ってみました。
この時期、亜麻色は薄く冬羽へ...幼鳥も混ざっています。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
amasagi100823-1.jpg

(同上)
amasagi100823-2.jpg

(同上)
amasagi100823-3.jpg

逆光で。  (同上)
amasagi100825-1.jpg


タマシギ
(2010年8月)
稲の成長で一時見られなかったタマシギも
この時期になってちょこっと見られるようになりました。
先日、立派に成長した幼鳥も見られたので一段落のようです。
ペアー。  (G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
tamasigi100819-1.jpg

♀。  (同上)
tamasigi100819-2.jpg

(同上)
tamasigi100819-3.jpg

(同上)
tamasigi100819-4.jpg

(同上)
tamasigi100819-5.jpg

(同上)
tamasigi100819-6.jpg

♂。  (同上)
tamasigi100819-7.jpg

(D90+VR80-400mm/同上)
tamasigi100819-8.jpg


アマサギ
(2010年8月)
飛翔。 サギ類はふつう頸を縮めて飛ぶが、このように伸ばして飛ぶこともあります。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
amasagi100821-1.jpg

(同上)
amasagi100821-2.jpg


バン
(2010年8月)
交尾(生態写真として)。 バンが「キュル、キュル」と盛んに鳴いていました。
この時期ですから2回目の繁殖でしょうね。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
bann100816-1.jpg

(同上)
bann100816-2.jpg


ジシギ
(2010年8月)
今季初見初撮りです。少し離れていましたが、3枚ほど撮るとすぐに飛ばれてしまいました。
タシギにしては時期的に少し早いのかな?
ジシギの識別には全く自信がありません。→オオジシギ幼鳥
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
jisigi100819-1.jpg


タカブシギ
(2010年8月)
先日見られた2羽のタカブシギは、少し離れたこちらの田に移動してきたようです。
鳥さんにすると一っ飛びでしょうが...
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
takabusigi100818-1.jpg

(同上)
takabusigi100818-2.jpg

(同上)
takabusigi100818-4.jpg

ケリと一緒に。  (同上)
takabusigi100818-3.jpg


タマシギ
(2010年8月)
♂(若?)。 
田巡りでは車中からの撮影(鳥にストレスをかけないので近づきやすい)が殆どなので、
機材の高さ方向のアングルに変化がとれない欠点があります。
今回は撮影距離20m以上なので、思い切って外に出て三脚を伸ばさずほぼ鳥さん目線でも撮ってみました。
① 車中からの撮影。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
tamasigi100816-1.jpg

② 目線撮影。 明らかに前後のボケが大きく、撮影対象(鳥)が強調されます。
        基本的には、このような撮り方が良しとされるのでしょうね。
  (同上)
tamasigi100816-2.jpg


アマサギ
(2010年8月)
夏は早朝の柔らかい日差しがいいですね、亜麻色もかなり薄れてきました。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
amasagi100815-2.jpg

(同上)
amasagi100815-1.jpg



キジ
(2010年8月)
畦で休息中の幼鳥の集団(8羽)との出会い、しばらくすると水田の中に姿を隠してしまった。
手前と奥の個体はすでに♂の特徴が見られます。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
kiji100815-1.jpg

(同上)
kiji100815-2.jpg

畦の反対側に回ると居残り1羽を発見、比較的近くで撮ることが出来ました。  (同上)
kiji100815-3.jpg

(同上)
kiji100815-4.jpg

このぐらいの画角の方が雰囲気も感じられいいですね。  (D90+VR80-400mm/同上)
kiji100815-5.jpg


クサシギ
(2010年8月)
赤とんぼが飛んでいました。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
kusasigi100815-1.jpg


カモも難しい...
(2010年8月)
この時期でもマガモ? 休耕田に6羽ほどの集団が入っていました。中にカルガモが一緒にいたり、
別の田ではそのグループだけであったりしました。
一見、マガモの若鳥やエクリプスや♀にも見えますが...雑種なども考えられます。
素人の判断は慎み、こんなのがいたと言うことにしておきます。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
magamo100813-1.jpg

(同上)
magamo100813-2.jpg





タマシギ
(2010年8月)
台風が去っての田を巡ってみましたが、新たなシギも見られません。
久し振りにタマシギ♀との出会い、しかし近くに♂のいる気配はありませんでした。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
tamasigi100813-1.jpg

(同上)
tamasigi100813-2.jpg



さらに...チュウサギ
(2010年8月)
飛び出し。 田ではチュウサギがよく見られるようになりました。
もう少し広く景色を入れて撮りたいのですが、人工物が入るため仕方ありません。
バックのロケーションのいい場所を探さねばなりません。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
tyuusagi100811-3.jpg

(同上)
tyuusagi100811-1.jpg

(同上)
tyuusagi100811-2.jpg


チュウサギ
(2010年8月)
こんな一瞬見せる真剣な表情もキリッとしていて、野生を感じていいですね。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
tyuusagi100805-2.jpg

首は伸縮自在。  (同上)
tyuusagi100805-1.jpg


さらに...ツバメ
(2010年8月)
ただ撮っただけですが...
(D90+VR80-400mm/奈良県)
tubame100806-1.jpg

給餌。  (同上)
tubame100806-2.jpg


ツバメ
(2010年8月)
休耕田でシギチを撮っているとツバメの飛翔をよく見かけます。
面白半分にちょっと狙ってみましたが、これは難しい!「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」って感じかな...
訓練すれば確率は確実に上がるでしょうが、私にはその根気がないようです。
これはこれで飛翔のいろんな興味深い姿を撮る醍醐味があるのでしょうね。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
tubame100809-1.jpg

(同上)
tubame100809-2.jpg



クサシギ
(2010年8月)
この種も見られるようになりました。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
kusasigi100809-1.jpg

(同上)
kusasigi100809-2.jpg


ケリ
(2010年8月)
若鳥。 この種は地元では年中見られるので、いい撮影対象です。
繁殖もするので、可愛い雛も見られます。
いい光景でいろんな表情を今後も撮り続けたいと思っています。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
keri100805-2.jpg

(同上)
keri100805-3.jpg

(同上)
keri100805-4.jpg

アップで。  (同上)
keri100805-1.jpg


白いサギ
(2010年8月)
コサギとチュウサギ。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき)
kosagi100805-1.jpg

(同上)
kosagi100805-2.jpg

(同上)
tyuusagi100813-1.jpg




タカブシギ
(2010年8月)
夏羽。 この種も1羽入っています。
(先日入ったアオアシシギはいきなりのハヤブサの猛襲に会い、
辛うじて逃げ切りましたが遥か彼方に飛び去り、もうこの辺りには戻って来ないかも...)
(D90+VR80-400mm/奈良県)
takabusigi100803-1.jpg

(同上)
takabusigi100803-2.jpg


アマサギ
(2010年8月)
飛翔。 田で5.6羽の群れをちょい見しました。
(D90+VR80-400mm/奈良県)
amasagi100803-1.jpg

(同上)
amasagi100803-2.jpg

(同上)
amasagi100803-3.jpg


アオアシシギ
(2010年8月)
休耕田に入っていました。今季初見初撮りです。例年に比べ一週間ほど早いようです。
(G1+FC50テレコン1.4倍つき/奈良県)
aoasisigi100801-1.jpg

(同上)
aoasisigi100802-1.jpg