日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



トウネン
(2009年8月)
4,5日前から例年通りトウネンが数羽、休耕田に入っています。アオアシシギは未だ見られません。
(G1+FC50/奈良県090829)
tounenn090829-1.jpg

(同上)
tounenn090829-2.jpg

(同上)
tounenn090829-3.jpg


タマシギ
(2009年8月)
♀。  早朝の逆光での撮影です。
(G1+FC50/奈良県090825)
tamasigi090825-1.jpg

♂。   (同上)
tamasigi090825-2.jpg


オジロトウネン
(2009年8月)
幼鳥。  今季初、1羽観察できました。L仕様(800mm)1200万画素のつもりがM仕様(1120mm)600万画素で撮っていました(ドジ!)。
(G1+FC50/奈良県090823)
ojirotounenn090823-1.jpg

(同上)
ojirotounenn090823-2.jpg



タカブシギ
(2009年8月)
幼鳥。  今日は休耕田に4羽入っていました。いよいよシギチの季節、本番のようです。
(G1+FC50/奈良県090823)
takabusigi090823-1.jpg

(同上)
takabusigi090823-2.jpg


ゴイサギ
(2009年7月)
少し前の撮影ですが...川での様子いろいろ。辛抱強く狙っていますが、なかなか容易くは獲れないようです。
(G1+FC50/奈良県090719)
goisagi090705-1.jpg

(同上)
goisagi090719-1.jpg

(同上)
goisagi090719-2.jpg

(同上)
goisagi090719-3.jpg

(同上)
goisagi090719-4.jpg


タカブシギ
(2009年8月)
ついにこちらの休耕田にタカブシギもやって来ました、1羽確認。
1昨年は(2007/8/8)に初観察していますので、今季は梅雨が長びいた影響で少し遅れているようです。
(G1+FC50/奈良県090820)
takabusigi090820-1.jpg


クサシギ
(2009年8月)
クサシギ、イソシギはよく見かけるようになりましたが、この個体は渡って来たのかな。
(G1+FC50/090816)
kusasigi090816-1.jpg


タシギ
(2009年8月)
タシギがやって来ました、今季初見、初撮りです。
おどおどしている様子なので、スッキリとは撮らせてもらえません。3羽確認。
(G1+FC50/奈良県08090816)
tasigi090816-1.jpg


コサギ
(2009年8月)
今季はサギ類の観察数が少ないようです、気象の加減なんでしょうか。
捕食に巧みなコサギ、その仕草や表情をじっと見ていても飽きません。
(D70+VR80-400/奈良県090816)
kosagi090816-1.jpg

(同上)
kosagi090816-2.jpg

(同上)
kosagi090816-3.jpg



バン
(2009年8月)
雛。  ホテイアオイが咲いています。まだ親が近ずくと付いていきますが、自力で採食しています。
(G1+FC50/奈良県090805)
bann090805-1.jpg

成鳥。  ♂♀親ともに絶えず近くで雛の様子を見守っています。  (同上)
bann090805-2.jpg



アオサギ
(2009年8月)
川の瀬の餌場での小競り合いです。いいポイントのとり合いっこ?左はチュウダイサギ。
(G1+FC50/奈良県090805)
aosagi090805-1.jpg


コジュケイ
(2009年8月)
多分♂。 「ちょっと来い」ではなく、太い木の高さ2mぐらいのところで「ビーァ」「ビ-ァ」と連呼していました。
♀へのアピールに必死だったのでしょう、15mほどに近づいても暫くは逃げませんでした。ラッキー!
スッキリしたバックとはいきませんが、贅沢は云えません。
(G1+FC50/奈良県090805)
kojyukei090805-1.jpg


イソシギ
(2009年7月)
この川も梅雨が長引いている勢でしょうか、いつもより水かさが多いようです。
(G1+FC50/奈良県090719)
isosigi090719-1.jpg

(同上)
isosigi090719-2.jpg


タマシギ
(2009年7月)
♂。 いつもの田の隣町での再会です。場所は移動しているようなので、見つけるのが大変です。
♂は抱卵中なのでしょうか、観察できませんでした。
(G1+FC50/奈良県090729)
tamasigi090729-1.jpg

(同上)
tamasigi090729-2.jpg

羽根全開を期待したのですが、これまででした。  (同上)
tamasigi090729-3.jpg

ノンビリの様子、これは「あくび」でしょうか。  (D70+VR80-400mm/同上)
tamasigi090729-4.jpg





ハクセキレイ
(2009年7月)
親子。 蓮池で幼鳥がもう自力で幼虫のようなのを採食していたが、親が様子見に来ると...
(D70+VR80-400mm/奈良県090729)
hakusekirei090729-1.jpg

このように口を開けせがみますが、親はまったく応じません。もう自立の時期なんでしょう。
(同上)
hakusekirei090729-2.jpg

この凛々しい姿を見るともう立派な若に見えますが。  (同上)
hakusekirei090729-3.jpg