プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



タマシギ
(2008年6月)
♂♀カップル。 こちらの田んぼにもタマシギがやって来ました、今季初撮りです。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/奈良県080626)
tamasigi080626-1.jpg

まだまだ落ち着かない様子で、ケリやカラスの声に敏感に反応していました。  (同上)
tamasigi080626-2.jpg

無事に子育てができればいいのですが...  (同上)
tamasigi080626-3.jpg

♀。  (同上)
tamasigi080626-4.jpg


セッカ
(2008年6月)
繁殖期のセッカは子育てに必死の勢でしょうか、比較的近くから撮影が出来るようです。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080624)
sekka080624-1.jpg


アオサギ
(2008年6月)
追加分-アオサギの抱卵、孵化、雛の成長の様子(4/4)の続き、これで完了です。(孵化約50日間後)
もう巣立ってしまって現在は姿が見えませんが、巣立ち直前の様子です。
こんなに逞しくなりました。 残念ながら巣立ちの瞬間には立ち会えませんでした。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080614)aosagi080614-1.jpg


(同上)
aosagi080614-2.jpg


直接頭かき。  (同上)
aosagi080614-3.jpg


もう自力で何かを採食していました。  (同上)
aosagi080614-4.jpg


アマサギ
(2008年6月)
この田んぼでは5/25に5羽観察したが、定住せずその後見られなかったが今回4羽(別グループ)
観察できました。カエルを捕食したところです。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/奈良県080615)
amasagi080615-1.jpg


セッカ
(2008年6月)
成鳥夏羽。 今が繁殖時期、雛もそろそろ巣立ちでしょうか。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080610)
sekka080610-1.jpg

この下の草薮で子育て中のようです。  (同上)
sekka080610-2.jpg


アオサギ
(2008年6月)
さらにアオサギの抱卵、孵化、雛の成長の様子(3/4)の続き。(孵化45日間後)
自然の風雨の試練、猟犬などの外敵の試練を乗り越え、こんなに翼も立派に成長しました。
MZ3の4枚連写モード<ベストセレクトショット>+2 による撮影です。
5秒間隔のスライドショーで、ご覧ください(真ん中の矢印をクリックすれば始まります)。
手動で右端の矢印をクリックしても画像は切り替わります。
(MZ3直焦点+FC50/大阪府080610)

BubbleShare: Share photos - Play some Online Games.


表情いろいろ。  (同上)
aosagi080610-7.jpg


(同上)
aosagi080610-8.jpg


未だ親の給餌を待って周辺をアオサギの成鳥が飛翔すると、我先にと嘴を突き合います。  (同上)
aosagi080610-9.jpg


興奮すると頭部の羽毛を逆立てます。  (同上)
aosagi080610-10.jpg


まもなく巣立ちを迎えることでしょう。 おめでとう!お元気で...  (同上)
aosagi080610-11.jpg


アオサギ
(2008年6月)
アオサギの抱卵、孵化、雛の成長の様子(2/4)の続き。(孵化40日間後)
てっきり残念な結果になってしまったと思ったのですが、あれだけ逞しく成長していた雛が...もしかしたら何処かでっと思い、
再確認に出かけました。巣があった周辺にはまったく見られず、やっぱり...ところが遥かかなた(100mぐらい先)の池の奥に若鳥らしき姿を発見!
多分、別の若鳥だと思いましたが一応撮っておきました。双眼鏡で観察するとその右横にも灰色のふわっとしたものが見えます。
まさかっと思い、確認に近づいてみると...
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080604)
aosagi080604-1.jpg


感激! いました、いました。
浮き草と雑草に隠れていましたが、巣もありもう1羽もうずくまっているではありませんか。
1週間前にあれほど探したのに見つからず、ひっそりと身を隠していたのですね。再確認に来てよかった、何かじーんとしました。
(同上)
aosagi080604-2.jpg


2羽とも実に逞しく立派に成長しています。親の給餌もしっかりなされていたのでしょう。  (同上)
aosagi080604-3.jpg


アップで。  (同上)
aosagi080604-4.jpg


このように翼も大きく成長しています。すでに巣の周辺の虫のようなものを自力でとるのも見られました。
2時間ほど観察しましたが親鳥は一度も来ません、給餌の回数を減らし独り立ちへの準備でしょうか。
あと1週間もすれば巣立ちしていくことでしょう。本当によかった!  (同上)
aosagi080604-5.jpg


アオサギ
(2008年4月~5月)
アオサギの抱卵、孵化、雛の成長の様子(1/4)を追ってみました。
ここは河川敷の人工池です。数年前から耕作、車の乗り入れ、ラジコンなどの遊戯が禁止され、河川敷の1区域ですが
自然の再生がはられている様子です。以前この近くに住まいしたこともあり5年ほど前からマイ・フイールドになっています。
以前からこの池はアオサギ他サギ類の休息や餌場になっていますが、このような営巣を確認したのは初めてです。
環境が良くなったのでしょうか、それにしても木上ではなくこのように地上(浮き草上)に営巣するとは、稀なことのようです。
(MZ3直焦点+FC50(レデユーサー付き)/大阪府080411)
aosagi080411-1.jpg

近くには亀もいますしカイツブリ、バンやカルガモもやってきます。  (同上)
aosagi080411-2.jpg


抱卵中です。  (同上)
aosagi080411-3.jpg


3個卵は青い色をしています。まもなく孵化が近いのでしょうか。  (同上)
aosagi080411-4.jpg


2週間後の観察です。
1羽の孵化を確認、孵化後間もない様子です。  (同上/080425)
aosagi080425-1.jpg


さらに2週間後(孵化2週間後)の観察です。
3羽の雛を確認、すべて孵化していましたが1羽が極端に小さいようです。  (同上/080509)
aosagi080509-1.jpg


半分ほどの大きさしかありません。  (同上)
aosagi080509-2.jpg


親に給餌をせがむのも元気がなく下で口を開けているだけです、育つか心配です。  (同上)
aosagi080509-3.jpg


さらに1週間後(孵化3週間後)の観察です。
順調に成長してしっかり逞しくなっていましたが、2羽しか確認出来ず残念な結果になったようです。  (同上/080515)
aosagi080515-1.jpg


手前のパートナーの♂も近くで警戒しています。   (同上)
aosagi080515-2.jpg


巣の補修もします。  (同上)
aosagi080515-3.jpg


給餌の様子です。
①胃で半消化したものを戻すようです。  (同上)
aosagi080515-4.jpg

②喉の付近まで戻します。  (同上)
aosagi080515-5.jpg

③雛が親の嘴を突いて催促します。  (同上)
aosagi080515-6.jpg

④戻しました。  (同上)
aosagi080515-7.jpg

⑤この程度の大きさの雛には口移しではなく、このように外に戻して与えるのですね。  (同上)
aosagi080515-8.jpg


さらに1週間後(孵化4週間後)の観察です。
もう正しくアオサギらしく立派に成長しています。  (同上/080522)
aosagi080522-1.jpg


(同上)
aosagi080522-2.jpg


羽ばたきや羽づくろいも盛んにします。  (同上)
aosagi080522-3.jpg


(同上)
aosagi080522-4.jpg


じゃれ合ったりもします。  (同上)
aosagi080522-5.jpg


巣から出ても行きます。  (同上)
aosagi080522-6.jpg


巣から少し出て、獲物を探すような仕草も見られました。  (同上)
aosagi080522-7.jpg


さらに1週間後(孵化35日間後)の観察です。  (同上/080528)
悲惨! 巣も雛も見当たりません。
数日前に約2日間続いた大雨と風、気がかりだったのですが...川の本流が流れ込んだ形跡はありませんでしたが、
水位は上昇し風のためか浮き草の様相が大きく変化してしまっていました。
周辺をつぶさに観察しましたが、巣も雛もまったく見当たらず非常に残念です。まだ親から巣立ちするには2週間はかかるでしょうに...
さらに、その近くで孵化間もないカイツブリの雛3羽も1羽だけしか確認できませんでした。
ここれが厳しい現実ですね。