日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バン
(2008年5月)
ほんの近くの浮き草の上で抱卵中の♀がいます、こちらはパートナーの♂のようです。
バンの雛は未見ですので、期待しているのですが...
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080528)
bann080528-1.jpg


アマサギ
(2005年5月)
成鳥夏羽。 いつもの田んぼに5羽到着、今季は少し早めにお目見えです。
まだまだ警戒心は強いですが、車中からの撮影なのでフレーム一杯まで近寄ってきます。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/奈良県080525)
amasagi080525-1.jpg

婚姻色のも1羽いました。  (同上)
amasagi080525-2.jpg


ダイサギ
(2008年5月)
捕食。 この時期、この干潟では婚姻色のチュウダイサギがよく見られますが、その捕食の様子が興味深く追って見ました。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080519)
daisagi080519-1.jpg


左右にフェイントもかけます。  (同上)
daisagi080519-2.jpg


偶には羽ばたきをして獲物を脅かせます。  (同上)
daisagi080519-3.jpg


見事にゲット。  (同上)
daisagi080519-4.jpg


コオバシギ
(2008年5月)
夏羽(5月ごろ)。 嬉しい初見、しかもお馴染みのこの干潟での出会いです(フラッグつき)。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080519)
koobasigi080519-1.jpg


夏羽が見られ本当にラッキーでした。サイズはハマシギより一回り大きな感じです。  (同上)
koobasigi080519-2.jpg


ウズラシギ
(2008年5月)
夏羽(5月ごろ)。 春のシギチも終盤になり、久しぶりにこの干潟を訪ねてみると、
意外な嬉しい出会いがありました。春にウズラシギとは初対面です。
((MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080519)
uzurasigi080519-1.jpg


ほぼハマシギとは同サイズです。  (同上)
uzurasigi080519-2.jpg



ケリ
(2008年5月)
田んぼでは今年も誕生間もないケリッ子3羽が観察されました。すでに親からあちこちと離れて採餌していますが、
親の警戒を告げる「ケッ、ケッ」の声に懐に隠れます。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/奈良県080501)
keri080501-1.jpg

(同上)
keri080505-1.jpg

(同上)
keri080505-2.jpg

雛は早成性の離巣性です。  (同上)  
keri080501-2.jpg


ミサゴ
(2008年5月)
沖合いの岩場で食事中です。この後アオサギが横取りに来ましたが、獲物をつかんで飛翔し
別の岩場へ... 距離があったのでレデユーサーを外して約2000mmでの撮影です。
(MZ3直焦点+FC50/兵庫県080501)

misago080501-1.jpg


キョウジョシギ
(2008年5月)
♀。 いつも石などをひっくり返しては採餌しているキョウジョシギ、こんなスッキリした姿は珍しいですね。
(MZ3直焦点+FC50/兵庫県080501)
kyoujyosigi080501-1.jpg

この日は20羽ほどの群れを観察できました。  (同上)
kyoujyosigi080501-2.jpg


ダイゼン
(2008年5月)
冬羽。  腋羽の黒いのが特徴です。後はオオソリハシシギ(夏羽)です。
((MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080501)
daizenn080501-1.jpg


オオソリハシシギ
(2008年5月)
♂(夏羽)。 この干潟には毎春10羽ほどのオオソリハシシギがやって来ます。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080501)
oosorihasisigi080501-1.jpg


チュウシャクシギ
(2008年5月)
成鳥。 頭央線がはっきり確認できます、ダイシャクやホウロクとの識別のポイントです。
この干潟ではオオソリハシシギ8羽、ダイセン1羽、チュウシャクシギ数羽、メダイチドリ20羽ほど、
ハマシギ多数、トウネン、シロチドリ、コチドリ、ユリカモメ、コアジサシ、ホシハジロなどが見られました。
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080501)
tyuusyakusigi080501-1.jpg


オオヨシキリ
(2008年5月)
河口の人口干潟の葦で囀る姿を今季初ゲットです。声は別の河川敷で4/19に聞きましたが...
(MZ3直焦点+FC50レデユーサー付き/大阪府080501)
ooyosikiri080501-1.jpg