日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ダイサギ
合歓の木の花がらみダイサギ(婚姻色)。  MZ3直焦点の改造にしばらくの間、取り組んでいました。
改造に際しては 探検隊長さんさーやんさん にはご親切なご指導を頂き本当に有難うございました。又ネット上に情報公開されている先輩諸氏に
厚く御礼いたします。とりあえず、組みあがった機材で試写しましたので、以下掲載いたします。
(MZ3直焦点+FC-50/南河内郡070623)
daisagi070623-1.jpg

縦位置にトリミング。  (同上)
daisagi070623-2.jpg

羽づくろい、飾り羽を広げて...  (同上)
daisagi070623-3.jpg

成鳥。 開花した合歓の木を前ボケに...  (同上)
daisagi070623-4.jpg



アオサギ
成鳥と幼鳥。 河川敷の池のホテイアオイの花が咲き始めました。
(MZ3直焦点+FC-50/南河内郡070627)
aosagi070627-1.jpg



アマサギ
近くの田圃にも一週間ほど前から数羽が入っています。畦道の草藪の獲物を狙って...
(MZ3直焦点+FC-50/安堵町070621)
amasagi070621-1.jpg

(同上)
amasagi070621-2.jpg

(同上)
amasagi070621-3.jpg

この一瞬を撮れるのはMZ3の連写性能によるところか?  (同上)
amasagi070621-4.jpg

(同上)
amasagi070621-5.jpg

(同上)
amasagi070621-6.jpg

(同上)
amasagi070621-7.jpg

少しアップで...  (同上)
amasagi070621-8.jpg

(同上)
amasagi070621-9.jpg



ケリ
成鳥。  羽づくろいの様子を狙ってみました。一瞬の動きを止められたのはSS性能が上がった(MZ3直焦点)せいでしょうか。
(MZ3直焦点+FC-50/安堵町070621)
keri070621-1.jpg

(同上)
keri070621-2.jpg

(同上)
keri070621-3.jpg



セッカ
成鳥夏羽。 子育て真っ盛りの様子です。  (MZ3直焦点+FC-50/南河内郡070623)
sekka070623-1.jpg

(同上)
sekka070623-2.jpg

この草藪の中に巣があるようです。  (同上)
sekka070623-3.jpg

(同上)
sekka070623-4.jpg

(同上)
sekka070623-5.jpg

(同上)
sekka070623-6.jpg

(同上)
sekka070623-7.jpg



イカルチドリ
幼鳥。 成鳥になれば不鮮明になるアイリングが幼鳥 は案外ハッキリしています。
(MZ3直焦点+FC-5/南河内郡070627)
ikarutidori070627-1.jpg

後のはコチドリ(成鳥)です。  (同上)
ikarutidori070627-2.jpg

コチドリとの違い(嘴長く、足長く、かなり大きい)が良く分かります。  (同上)
ikarutidori070627-3.jpg



カルガモ
今年も近所の川でカルガモの親子(雛10羽連れ、2組)が見られました。無事に繁殖しているのを確認できて、よかった!
(D70+VR80-400mm/葛下川070607)
karugamo070607-13.jpg

カメラの不調か、土手の葉の前ボケか?光線の具合が妙な感じに撮れています。  (同上)
karugamo070607-12.jpg



イカルチドリ
成鳥夏羽。 この種の特徴の嘴が長く、足も長く、スマートな姿がやっと撮れました。分布は極東アジアに限られ世界的には希少種とのことです。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/三郷町大和川070602)
ikarutidori070602-6.jpg

成鳥夏羽。 一緒に2羽いましたが、上とは別個体です。この種はコチドリやシロチドリと同じく冬期に夏羽に、晩夏に冬羽になります。  (同上)
ikarutidori070602-5.jpg

2枚目と同一個体です。  (同上)
ikarutidori070602-4.jpg



ツバメ
ツバメの雛も一人前に、こんなにしっかり成長しました。もう独り立ちの時期ですが、
親の給餌がほしいのか物憂げに親の行動を追っています。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市070601)
tubame070601-14.jpg

こっちかな...(同上)
tubame070601-13.jpg

親が近くを飛ぶと、反射的に羽をバタつかせ口を開けます。  (同上)
tubame070601-12.jpg

(同上)
tubame070601-11.jpg

兄弟雛、全部で7羽いました。親は近くを旋回飛翔しますが、決してもう給餌することはありません。
独り立ちを促し、採餌の仕方を見せながら教え込んでいるようでした。 (同上)
tubame070601-10.jpg