日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



チョウゲンボウ
♂。今年も稲刈りの終わったこの時期にやって来ました。長く滞在してくれればいいのですが...
田畑を貫いて立つ電柱に止まっては下の獲物をねらいます。
以下、電柱上の<表情いろいろ>です。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/香芝市061026)
tyougennbou061026-10.jpg

主にバッタなどの昆虫を獲っていました。 (同上/061025)
tyougennbou061025-11.jpg

(同上/061026)
tyougennbou061026-12.jpg

(同上/061028)
tyougennbou061028-13.jpg

(同上/061026)
tyougennbou061026-14.jpg

(同上/061028)
tyougennbou061028-15.jpg

狙いを定めて、まさに飛び立つ寸前です。 (同上/061026)
tyougennbou061026-16.jpg

(同上/061028)
tyougennbou061028-17.jpg



ホオアカ
冬羽。 稲刈りの終わった近所の草原で、ノビタキ撮影時に初めての観察です。
こんな近くにもやって来るようです。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/葛下川周辺061022)
hooaka061022-8.jpg

腹部に傷跡が見えます。 (同上)
hooaka061025-10.jpg

背面から。 (同上)
hooaka061022-9.jpg



エゾビタキ
今期はこの鳥さんは、あちこちで多く見られました。警戒心は比較的少ないようです。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061021)
ezobitaki061021-4.jpg

丘の下からのアングルで背面狙いです。  (同上)
ezobitaki061021-6.jpg

紅葉のボケをバックに正面から。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061015)
ezobitaki061015-7.jpg

(同上)
ezobitaki061015-5.jpg

ここはお気に入りのスポットのようです。  (同上)
ezobitaki061015-8.jpg

表情いろいろ。 (同上)
ezobitaki061015-9.jpg



コサメビタキ
今期は時期を逸して、これ1枚でした。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/馬見丘陵公園060918) 
kosamebitaki060918-1.jpg



ビンズイ
この時期、山麓のこの公園でよく見られます。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061015)
binnzui061015-2.jpg



ノビタキ
旅立ち間近です、ドアップで。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/葛下川周辺061025)
nobitaki061022-12.jpg

稲刈りも終わった草原で。 (同上)
nobitaki061022-13.jpg

(同上)
nobitaki061022-14.jpg

ちょっと見返り。 (同上)
nobitaki061022-15.jpg

正面から。 (同上)
nobitaki061022-16.jpg



オオルリ
♂若。いきなりの近距離での出会い、デジスコではフレームに入り切りませんでした。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061018)
ooruri061018-16.jpg

絵画のように整った構図にはなりませんが、むしろありのままの自然さがあっていいかも... (同上)
ooruri061018-17.jpg

少し引いた感じで。 (同上)
ooruri061018-18.jpg

すべて同個体です。 (同上)
ooruri061018-19.jpg



キビタキ
♂。 今季は終盤に何とか証拠写真ですが、撮らせてもらいました。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061018)
kibitaki061018-4-s.jpg

♀。 背面からだと、緑っぽく撮れるようです。 (同上)
kibitaki061018-5.jpg

(同上)
kibitaki061018-6.jpg

山麓では落葉した木々も多く見られます。 (同上)
kibitaki061018-7.jpg

至近距離からのドアップ。 (同上)
kibitaki061018-8.jpg

♂に比して♀のほうは警戒心は薄く、割と近くで観察出来るようです。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/葛城市061021)
kibitaki061021-9.jpg

表情いろいろ。 (同上)
kibitaki061021-10.jpg



シロチドリ
飛翔。 シギチに変わってカモが多く見られるようになった河口に、シロチドリの群れはまだ見られました。
(D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/大阪市061014)
sirotidori061014-7.jpg



ソリハシシギ
成鳥夏羽から冬羽移行中。 長めの嘴は上に反り返っていて、足は短く黄橙色。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/大阪市061014)
sorihasisigi061014-1.jpg

シギチの季節も終盤ですが、この子は1羽残っていました。 (同上)
sorihasisigi061014-2.jpg

(同上)
sorihasisigi061014-3.jpg

干潟を活発に動き回り採餌します。 (同上)
sorihasisigi061014-4.jpg

見返り。 (同上)
sorihasisigi061014-5.jpg



エゾビタキ
遅まきながら、今季初撮りです。今季はかなりの数が入っています。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/馬見丘陵公園)
ezobitaki061009-1.jpg

(同上)
ezobitaki061009-2.jpg

半逆光で。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍)
ezobitaki061009-3.jpg



ミユビシギ
成鳥冬羽。今回初めて三重県のフイールドに出向いたところ、初見初撮りのミユビシギの大群に出会えてラッキーでした。
天候は曇天で、いい色彩は望めませんでしたが、その大群には大いに感動しました。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/三重県060929)
miyubisigi060929-1.jpg

ふっくら丸い感じが可愛いです。 (同上)
miyubisigi060929-2.jpg

朝焼けの海をバックにシロチドリと共に。 (同上)
miyubisigi060929-3.jpg

休息中。 (同上)
miyubisigi060929-4.jpg

打ち寄せる波をバックに。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/三重県060926)
miyubisigi060926-6.jpg

(同上)
miyubisigi060929-7.jpg

大群(200羽以上)。 (同上)
miyubisigi060929-8.jpg

(同上)
miyubisigi060929-9.jpg

飛翔。 (同上)
miyubisigi060929-10-1.jpg

(同上)
miyubisigi060929-12.jpg

(同上)
miyubisigi060929-13.jpg

(同上)
miyubisigi060926-14.jpg

(同上)
miyubisigi060926-15.jpg

夜明けの群舞-1。 (同上)
miyubisigi060929-16.jpg

夜明けの群舞-2。 (同上)
miyubisigi060929-17.jpg

夜明けの群舞-3。 (同上)
miyubisigi060929-18.jpg

(同上)
miyubisigi060926-19.jpg



アオアシシギ
成鳥冬羽。 近かったので、デジスコでドアップ撮影です、羽模様がよく判ります。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/三重県060929)
aoasisigi060929-7.jpg

第一回冬羽。 雨覆、三列風切に暗色の先端が尖り気味の幼羽が残っています。 (同上)
aoasisigi060929-8.jpg

成鳥冬羽。 一番上とは別個体です。 (同上)
aoasisigi060929-9.jpg

堤防近くの池で、4羽いました。 (同上)
aoasisigi060929-10.jpg



ダイゼン
幼鳥。シギチの同定は実に難しいです。 サイズが大きく、ぼってりした感じで動きがゆっくりしていて
河口の海よりの浜辺で採餌していましたのでダイゼンと判断したのですが...
(高橋製FC-50+LVW8+P1/三重県060929)
daizen060929-7.jpg

黄色味が少なく白っぽいく、ふっくらした感じです。 (同上)
daizen060929-8.jpg

引いた感じで。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/三重県060929)
daizen060929-9.jpg

左足にダイゼンの特徴である、短い後趾のようなものが写っています。 (同上)
daizen060929-10.jpg



メダイチドリ
幼鳥(淡色の羽縁、眉班は淡い黄白色、褐色の過眼線)5~6羽が一緒にいました。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/三重県060929)
medaitidori060929-6.jpg

正面。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/三重県060926)
medaitidori060926-8.jpg

背面。 (同上)
medaitidori060926-9.jpg

採餌。 (同上)
medaitidori060926-10.jpg

デジ眼で少し引いて。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/三重県060929)
medaitidori060929-12.jpg

(参考1)成鳥夏羽。 (D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/大阪市060512)
medaitidori060512-4.jpg

(参考2)成鳥夏羽。 (高橋製FC-50+LVW8+P1/大阪市060509) 
medaitidori060509-5.jpg



ミヤコドリ
初見初撮です。赤く長い嘴と白黒の身体、実に個性的な種です。
幸運にも、満潮時に遙か彼方の上空を飛翔する姿(10羽ほど)を観察することが出来ました。
(D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/三重県060929)
miyakodori060929-1.jpg

(同上)
miyakodori060929-2.jpg

冬鳥なので、これからもっと近づいて撮影する機会があると思われますので、楽しみにしています。 (同上)
miyakodori060929-3.jpg