日々折々に撮った野鳥写真を載せてまいります。


プロフィール

T.M

  • Author:T.M
  • 奈良県在住



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スズメ
これはツバメの巣のようですが... (D70+VR80-400mm/斑鳩町060624)
suzume060624-2.jpg

実はスズメに乗っ取られてしまいました。最初はツバメが産卵から抱卵し始めていたのですが...
ひょっとしたらスズメがツバメの雛を育てるのではないかと期待したのですが、育っていたのはスズメの雛2羽
巣立ち間近でしょうか?生存競争は厳しいですね。 (同上)
suzume060624-3.jpg

約10分毎に給餌にやって来ます。(同上)
suzume060624-4..jpg

♂♀両方の親がやって来ます。(同上)
suzume060624-5.jpg

親は喉の奥まで...かぶりつきですね。(同上)
suzume060624-6.jpg

角度を変えて...(同上)
suzume060624-7.jpg

雛は食欲旺盛で親も大変です。(同上)
suzume060624-8.jpg



アカゲラ
♂。直ぐに飛び去りデジスコ撮影のセットが間に合わず、残念でした。
(D70+VR80-400mm/吉野郡060621)
akagera060621-2.jpg



オオルリ
オオルリ♂、未だ若でしょうか(羽に茶色が残っている)? すばらしい囀りを聞かせてくれました。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060621)
ooruri060621-12.jpg

(同上)
ooruri060621-13.jpg

デジ眼撮影です。(D70+VR80-400mm/吉野郡060621)
ooruri060621-14.jpg

(同上)
ooruri060621-15.jpg



ルリビタキ
♂若でしょうか(濃い黄橙色なので)? なかなかの愛想よしでした。
(D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/吉野郡060621)
ruribitaki060621-1.jpg

単発的に鳴くだけで、残念ながら囀ってはいませんでした。(同上)
ruribitaki060621-2.jpg



コガラ
嬉しい初撮です。青虫をくわえて子育て中なのでしょうか?
(D70+VR80-400mm/吉野郡060621)
kogara060621-1.jpg

ヒガラに比べて喉の黒い部分が小さいです。(同上)
kogara060621-2.jpg

羽の模様も違います。(同上)
kogara060621-3.jpg



ゴジュウガラ
♀。森の中は暗くて撮影条件が悪いので、いい色は出ません。
(D70+VR80-400mm+テレコン1.4倍/吉野郡060621)
gojyuugara060621-4.jpg



イソヒヨドリ
成鳥♂は初撮りです。ヒヨドリの名が付いていますが、ヒヨドリ科ではなく
ツグミ科の種です。青、レンガ色、黒と原色っぽい鳥さんですね。
都会のビル上で見かけることもありますが、やはり海がお似合いでしょう。
(D70+VR80-400mm/白浜三段壁)
isohiyodori-7.jpg

岸壁から突き出た枝に止まって囀っていました。バックは空ではなく海です。(同上)
isohiyodori-8.jpg

成鳥♂と幼鳥。この断崖で巣立ったのでしょう。
時々口を開け餌をせがむような様子が見られました。(同上)
isohiyodori-9.jpg

成鳥♀、胸から腹部に黒褐色の鱗模様があります。観光客の間を縫ってあちこちと...(D70+VR80-400mm/白浜千畳敷)
isohiyodori-10.jpg



セッカ
成鳥夏羽。縄張りを確保するとその場所からあまり移動しないようですね。
(D70+VR80-400mm/二色浜)
sekka-2.jpg



ヒバリ
絵になるいい所にはなかなか止まってくれません。大概地上か、
このようなフェンス上(しきりに囀っていました)が多いようです。(D70+VR80-400mm/二色浜)
hibari-2.jpg



アマツバメ
初見初撮りです。夏鳥、海の断崖絶壁のような環境で生活繁殖をします。
普通のツバメの仲間(スズメ目)とは違い、アマツバメ目の種です。上空を4-5羽でスピーデイに旋回飛翔するので、
残念ながら空抜きの証拠写真です。(D70+VR80-400mm/日の岬060612)
amatubame-1.jpg

(同上)
amatubame-2.jpg

腰部の白い特徴が見られます。(同上)
amatubame-3.jpg



アカゲラ
幼鳥(前頭から頭頂が赤く、脇腹に黒褐色味があり、縦縞も見られる)。
嬉しい初撮でしたが、次回は♂の成鳥と出会いたいものです。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060606)                  akagera060606-1.jpg



コルリ
♂、お山へ到着して間もないのでしょうか?高木の上の方でしきりに囀っていました。
空抜きの証拠写真です。ツグミ科の鳥さんなので間もなく地上に下りてくるでしょう...
(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060606)
koruri060606-1.jpg



ゴジュウカラ
♂、少し離れてはいましたが、めずらしく羽づくろい中。ラッキーな出会いでした。
(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060606)
gojyuugara060606-1.jpg

表情いろいろ。(同上)
gojyuugara060606-2.jpg



ヒガラ
お山ではよく見かけるのですが、なかなか良いところに止まってくれません。
(D70+VR80-400mm/吉野郡060606)
higara060606-1.jpg



オオルリ
♀、久し振りの出会いでした。♂が囀っている近くの森の中にいましたが
暗くて目立ちません。(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060606)
ooruri060606-10.jpg

デジ眼撮影。(D70+VR80-400mm/吉野郡060606)
oorur060606i-11.jpg



ホオジロ
♂、よく囀っています。(高橋製FC-50+LVW8+P1/馬見丘陵公園060604)
hoojiro-3.jpg



オオヨシキリ
枝止まりのオオヨシキリです。(高橋製FC-50+LVW8+P1/馬見丘陵公園060604)
ooyosikiri-1.jpg

餌をくわえた親を見かけたので、じっくり探すと「いました」巣立ち間のない幼鳥です。
直ぐに葦の奥に隠れてしまいました。(同上)
ooyosikiri-2.jpg

羽ばたきと羽づくろいです。(同上)
ooyosikiri-3.jpg



カッコウ
ドライブウエーを走行中、いきなり飛来し止まった!車中からのワン・カットです。
ツツドリの「ボッ、ボボッ、ボボッ・・・」鳴き声も聞かれましたが、これはカッコウのようです。
(D70+VR80-400mm/吉野郡060601)
kakkou-4.jpg



ゴジュウカラ
いろいろ考えて撮れる鳥さんではないようです。一瞬の通過でしたので
撮れたのが儲けものって感じです。(D70+VR80-400mm/吉野郡060601)
gojyuugara-1.jpg



ミソサザイ
定番のスタイルではなく、このときは身体を丸く膨らませ羽毛を逆立たせ
震えながら囀っていました。(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060601)
misosazai-2.jpg

きりっと、おすまし顔です。(同上)
misosazai-3.jpg



オオルリ
早朝、お山の澄み切った空気の中、オオルリの囀りが響き渡ります。(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060601)
ooruri-7.jpg

(同上)
ooruri-8-1.jpg

大きく引いたのも全体の空気(雰囲気)が感じられ、いいかも?(D70+VR80-400mm/吉野郡060601)
ooruri-9.jpg



オオアカゲラ
♀。嬉しい初見初撮りです。(高橋製FC-50+LVW8+P1/吉野郡060601)
ooakagera-1.jpg